2010年12月23日 (木)

【ローバー75 エンジン始動不能 2日目】

こんばんは、一九です。

Imgp3625

早速昨日の続きです。

配線図をもとに、各部を点検していきます。

カムポジションセンサー、

クランクポジションセンサー、

メインリレー、ヒューズ、

イグニッションコイル本体。。。
Imgp3626

単体では全て正常。。。

嫌ーな予感がして、

エンジンコンピュータをのぞいてみると、、、

底に水が溜まっています。。。

かろうじてコンピュータは水没を免れていますが、

怪しい感じ全開です。

コンピュータを車体から取外し、

ケースを開けて中を点検。
Imgp3627

あわよくば復帰するかも!を期待していたのですが、

結果はショートにより基盤焼け。

修理不能という結果。。。

只今、コンピュータ注文中です。

部品到着までお時間を頂きますが、

しっかり修理させていただきますので、

いましばらくお待ちください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

【ローバー75 エンジン始動不能】

こんばんは、一九です。


先日レッカーで入庫したローバー75。

症状はエンジン始動不能。

ひとまず診断機にかけて、状況をチェック。

?全イグニッションコイルショート?

早速火が飛んでるか試してみると、全く駄目。。。

念の為燃圧とコンプレッションもチェック。

こちらは問題なし。。。

イグニッション関係のヒューズも飛んでないし、メインリレーも作動してる。。。

???

なんかおかしい。。。

今日はここまで。

続きは明日♪お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

【ローバー623 オーバーヒート】の巻

こんばんは、一九です。


今日は、ローバー623のオーバーヒート修理です。
461

エンジンを掛けて、そのまま置いておくと、

水温上昇確認!!

その時、電動ファンは正常に作動しております。

点検の結果、水漏れもありません!

ラジエターの上下ホースを触ると、
459

明らかに温度差が有り!

サーモスタットで間違いない!!

ひとまずサーモスタットを取り外し、

正常に作動するか点検。

左が現物、右が新品のサーモスタットです。
457

同じ条件で熱湯にさらしても、

新品は作動したのに、現物は作動しません。。。

これで確定ですね!

サクッと交換して、試運転後結果も良好♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

【ローバー75 テールランプの点灯が変?】の巻

こんばんは、一九です。

342

車検でお預かりしたローバー75。

早速灯火廻りの点検をすると、

なんかおかしい???

ブレーキを踏むと、

左のブレーキランプがうっすら点灯すると同時に、
343

バックランプも点灯してる。。。

典型的なアース不良の症状です。

左右のテールランプに来ているコネクタの

アース線をサーキットテスターで点検。

アースがきちんと出来ていれば、
344

ボディーと導通がありますが、

左テールのアースが断線しております。

ローバー75のテールライトのアースは、

トランク横の内張りを外せばすぐに出てきます。

今回はボディーにボルト止めしてある部分が、

割れてしまい、アース不良を起こしておりました!

新しい端子に切り替えて作業終了♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

【MGZT シートベルトの戻りが悪い】の巻

こんばんは、一九です。


本日、12ヶ月点検で入庫の

N様のMGZT。

依頼内容の中に、

『一か月位前からシートベルトの戻りが悪いんです。。。』

との申し出がありました。
335

助手席側は問題無くスルスルと戻っていくのですが、

明らかに運転席側だけ戻りが悪い。

内張りを剥がして点検します。

原因判明!!

この車、シートを前後させると、

シートベルトのショルダーの高さが変わるような

仕組みになっているのですが、

その仕組みというのが原始的でワイヤーで
337

シートとショルダーホルダーをつないでいるだけ。

そのワイヤーが固定されていなければいけない所が

外れて、内張りの布とベルトが干渉、

結果、滑りが悪く、戻りが悪いというものでした。

ワイヤーの通し方を変えて、アウターチューブを固定。

元通り組み付けて完成!

ベルトもシュルルルルっと戻るようになりました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

【ローバー75 フロントウィンカー点灯せず】の巻

こんばんは、一九です。


フロントのウィンカーが点灯しないで急遽来店のK様。

早速点検です!

電球をソケットごと外して、

ウィンカーを点灯させ、症状を確認。

症状が出ていたので、

まずは、各部を揺すったりして、

どこを触ると、状況が変わるかを観察!

いきなり配線などを外すと、

接触不良の場合、治っちゃったりするので、

まずは外さずに点検です!

ソケットのカプラーを揺すっても状況変わらず。
293

次に、ソケットと電球をつまんで揺すると、

状況に変化が出ました。

ここで電球を外してみます。

観察してみると、アース側の接触不良を起こしていました。

やすりで磨いて、電装グリスを塗って新しい電球に交換!

点灯テストして揺すってみても問題無かったので、

作業完了!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

【ローバー75 トランク雨漏れ】の巻

こんばんは、一九です。


先日S様から電話があり、

『トランクに水が溜まっているんです。。。』との事。

ローバー75のトランクに水抜きの穴は有りませんので、

取り敢えずタオルなどで水を排出して頂く事にして、

後日ご来店のお約束をしました。

先日ご入庫頂き、早速点検。

トランクを開けるとすでに水が溜まっておりました。
188

綺麗に水気を取り、

ホースで水を掛けること数分。

トランクを開けると水の浸入を確認!

その箇所は、テールレンズ取付部からでした。

テールレンズを外して確認してみると、

レンズとボディの隙間を埋めている、
187

パッキンが完全に切れておりました。

調べてみると、このパッキンだけの部品供給が無く、

テールレンズごとで、その価格約4万円。。。

という事で、切れてたパッキンを再生する事に!

綺麗に清掃して、接着剤で仮付けして、

廻りに熱で溶かしてつなげます。

最後に薄めにシーラーを塗って取り付けたら完成です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

【MGF エンジン不調】の巻

こんばんは、一九です。
181_2


最近MGFのエンジン不調のトラブルが増えた気がします。

不具合の傾向として、

点火系に不具合を抱えている場合が多いです。

今回も例にもれず点火系のトラブルでした。

ディストリビュータキャップ(各プラグへ電気を分配するところ)
182_2

の電気の入口にある、小さな部品。

正常ならば、少し飛び出していないといけません。

それが、ディストリビュータキャップを外してみると、

その部品が、引っ込んでおりました。

しかも、少し衝撃を与えると『ポロっ』って。。。
183_2

他にも、電気を増幅する

イグニッションコイルから

ディストリビュータキャップへ電気を送る、

ケーブルにも不具合発見!

端子の部分に青錆がでて、割れておりました。
184_2

これでは正常な点火は出来ません!

早速部品を手配。

不具合部品とスパークプラグも一緒に交換。

これでエンジンの調子も元通り♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月31日 (月)

【ローバー200 クラッチ不具合】の巻

こんばんは、一九です。


最近めっきり涼しくなりました。

秋刀魚の美味しい季節♪

それはさておき。
149

ローバー200クラッチ不具合のお話。

クラッチペダルが戻ってこない!との依頼。

原因はクラッチワイヤーでした。

ワイヤー自体ではなく、

廻りのガイドの留めが破損しておりました。
150

ココが破損する事によって、

ワイヤーの動きが逃げてしまい、

しっかりとクラッチを作動しきれておりませんでした。。。

クラッチワイヤーを交換して、

ペダル調整をしたら作業完了!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

【MGF エンジン不調】の巻

こんばんは、一九です。

068

『MGF エンジン不調』でご入庫です。

試運転してみると、

ぎくしゃくしてスムーズに加速してくれません。

以前にも似た不具合があったので、

点火廻りを点検。
069

ディスビローターという部品が犯人のようです。

このデスビローターという部品は、

イグニッションコイルという部品から、

スパークプラグに火花を飛ばす電流を

各気筒へ分配する部品です。
070

これが、うまく電流を流したり、

流さなかったりと悪さをしていた様で、

スムーズにエンジンが廻らない不具合が起こってしまったようです。

同時にスパークプラグとプラグコードを交換して、

再度試運転。

今度はスムーズに加速します♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

【MGTF マフラーからキュッキュ音】の巻

こんばんは、一九です。


先日12ヶ月点検でご入庫のK様のMGTF。

リフトで持ち上げて、下廻りの点検。

目視点検と直接触って触診も行います。

点検も進んで、マフラーを手のひらで叩いてみます。

マフラーの中身に損傷がないか調べる為です。

ここでマフラーの中からシャラシャラと音がしたら、

マフラーの中身が破損している証拠です。

今回は、違う音が聞こえてきます。。。

『キュッキュ、キュッキュ』

てな感じでした。

音のありかを探っていくと、

マフラーをボディーに取り付けている部分から音がしています。

マフラーのステーと、支えている金属のプレートが擦れて、

金属プレートが少し摩耗しています。
058

音の原因はこれ。

では、どうしてこうなったのか?

マフラーを支えているゴムのマウントが

ほんの少しヘタってしまい、

そこに出来た位置のずれで当たってしまう様です。

外して触診しましたが交換を要するほどの劣化では無かったため、

部品はそのまま使います!

しかし、そのままではまた音がしてしまうため、ひと加工。

金属プレートの当たっていた部分を、もう少しだけ削って、

マフラーステーとの干渉を防ぎます。

実は、エリーゼでも起こる事例です。

後ろから『キュッキュ』音がする方はもしかしたらこれかも。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

【75 電動ファン不具合】の巻

こんばんは、一九です。


明日は火曜日でサンクはお休み。

という事は、必然的に今日が月末。
321

今日の陸自も駐車場に長蛇の列。。。

明日の月末には更にすごい事になるだろうと思います。

それはさておき。

ローバー75の電動ファンの話。

たまにある不具合として、
電動ファンが廻らなくなって、
オーバーヒートというのがあります。
323

基本は電動ファンアッセンブリ交換です。

しかし、どうにかならないものかと、
分解してみました。

トラブルの原因はすぐに判明!

構成部品の『ブラシ』と『ローター』の摩耗!

ブラシの方は、同じような素材があるので、
要加工ではあるけど作製はできそう。

問題はローター側。。。
324

これは、ちょっと自作不可能。。。

画像のローターは、

接点が摩耗して下地が出て来ております。

いつもお世話になっている
電装のプロフェッショナルにも相談してみましたが、
交換するしかなさそう。

残念無念。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

【75 ロアアームブッシュ破損】の巻

こんばんは、一九です。


主人公がローバー75に乗っているドラマも終わってしまいました。

75の時代ももうすぐ来るかな?
なんてこと考えながら、その75の作業です♪

今日は、ローバー75フロントロアアームブッシュ破損の為交換!です。

そもそもブッシュとは、車の関節部にあたる部品です。
主に金属製の枠の中に、ゴムの緩衝材がついていて、
車に伝わるショックを和らげる働きを持っています。

しかし、素材がゴムなので、時間が経つと経年劣化で固くなってきます。

それで、最終的にはゴムが切れて、不具合となってしまいます。

今回作業させて頂いたお車は、完全にブッちぎれておりました。。。

事故などにならなかったのが不幸中の幸い。

音や、感覚でいつもと違うと感じたら、いつでもサンクへご相談ください!
317


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

【MGF エンジン不調】の巻

こんばんは、一九です。
Dscf1546


チョット小耳に挟んだ話。

MGFって入庫拒否するお店があるそうです。

サンク全店、ご入庫大歓迎で御座います!!

そんなMGFの、エンジン不調の話。

まず、症状を確認すると、
292

エンジンが全く吹け上がりません。。。

点検を進めていくと、

点火系に不具合を抱えている事が判明!

原因はデスビのローター。

この部品の電流の流れが悪くなっていました。

早速交換!

この機会に、プラグ全数、プラグコードも同時に交換!

気持ちよく吹け上がるエンジンが戻って来ました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

【75ブーム来るか?】の巻

こんばんは、一九です。


Vol3

今月のキャンペーンチラシ↑
色々な種類のデカールやエンブレムが
今回のキャンペーンになっております。
今一度ご確認ください^^

最近テレビでは新しいドラマが続々スタート。

一九も気になるドラマがあったので、

録画予約をして、後日見る事に。

そのドラマとは、『ラブ シャッフル』。

キャストも豪華だし、脚本も野島伸司だし。

出だしから主要キャストの香里奈が
Detail_front

フィアット500で登場し、

テンションあがりました。

そうこうしていると、

これまた主要キャストの

玉木宏志が乗っている車に見覚えが。。。

なんとローバー75だったんです。

一昔前、ドラマで主役が乗っていた

オペルヴィータがバカ売れした様に、

75ブームも来ちゃったりするんでしょうか?

気になっちゃう感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

【MGZT ホイルボルトの錆】の巻

こんばんは、一九です。


昨日で終了した今月のキャンペーン

多数の御要望が御座いましたので、

急遽延長決定!!

11月30日まで!
238

今度は本当に終了します!

御用命はお早めに!!


話しはかわって、

MGZT&ローバー75のホイルボルトの錆。

シルバーのホイルに
239

明るい茶色。。。

なんだかガッカリした気分になります。

新品なら1本¥1,260

一台分なので1260×20=¥25,200

まだ使えるのにこの金額は結構高いです。
240

そこで今回は、

サンドブラストを掛けちゃいます!

ブラストで錆を綺麗に落としたら、

クリアの塗装を施して終了!

いい感じ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

【ローバー75 車体揺れ!】の巻

こんばんは、一九です。


大好評を頂いておりました、今月のキャンペーン本日で終了です!

ありがとう御座いました!


さて、今日の『九州ロータスデイ』の話は、
235

師匠にまかすとして、

今日のご依頼は、

『ローバー75』走行中に車体が揺れまくる!です。

まずは、試運転して症状確認。

試運転の感想は『こりゃヒドイ。。』
236

完全にリアショック抜けとりました。

という事で早速交換です。

トランクを開けて、左右の内張りをめくって

ショックアッパーマウント取付ナットを2つ外します。

次に下に廻り、ロア側の取付ボルトを外します。
237

これでショックアブソーバが車両から外れました。

外したショックから、

アッパーマウントを新しいショックに移植します。

ここまで来たら逆の順序で組み付けです!

作業が終わり、再度試運転→良好!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

【ローバー75 サーモスタットハウジング 水漏れ】の巻

こんばんは、一九です。


今日は、画像撮り忘れたので

画像なしでお許しください

以前にもご紹介したことがあるとは思いますが、

最近、立て続けに作業したので、改めてご紹介!

ローバー75・MGZTのサーモスタットハウジング。

実際よく漏れてしまいます。

エンジンVバンクの中にある、プラスチックのケースの中に

サーモスタットが入っているのですが、

そのケースの継ぎ目から水漏れを起こしてしまいます。

かといって対策部品があるわけでもなく、

結構困ったちゃんです。

何台も同じ作業をしたので、

スピードは回を重ねるごとに早くなりました!

今では結構得意かもです。

サンク福岡に整備や、クイックで来店されたお車は、

一九必ずチェックしている箇所です。

冷却水漏れは、エンジンにとって深刻なダメージにつながる恐れがありますので、

ローバー800シリーズ・75・MGZTに御乗りのお客様は、

このサーモハウジング水漏れは要チェックです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

【MG-F クラッチレリーズシリンダー 交換】の巻

こんばんは、一九です。


今月も今日で終わり!

さぁ、明日はゆっくり休息をとって、

明後日からはまたスタートダッシュです♪

さて、今日は、

『MG-F クラッチレリーズシリンダー交換』

の作業です。

症状は、クラッチフルードが漏れて
001_2

クラッチペダルが『スコン』と

奥に行ったきりになってしまいます。

学生時代、一九も経験しました。。

結構焦ります。

それはさておき。

まずは、レリーズフォークと

レリーズシリンダのリンクを外し、

レリーズシリンダの取付ボルトを外して
002

新しいレリーズシリンダと交換します。

エアクリーナボックスを取り外すと

トランクから作業できます。

少し狭いですけど。。

交換できたら、次は、

クラッチマスターシリンダのエア抜き。

それからレリーズシリンダのエア抜きで作業終了!

踏みごたえもバッチリ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

【MG-F ハブベアリング破損 交換】の巻

こんばんは、一九です。


遂に明日で9月も終わりです。

あと一日頑張って、

10月もさらにがんばります!

さて、今日は、
001

MG-F ハブベアリング交換のお話。

先日『JAF』さんにて運ばれてきたこちらのお車。

右リアのタイヤがロックしておりました。

状況を確認するとハブベアリングに異常を確認。

早速部品注文、交換作業と相成りました。
004

まずは、タイヤ、ブレーキキャリパー・ローターを

取り外します。

ナックル部に今回交換する

ハブベアリングとハブが圧入されている為

ナックルアッセンブリを取り外します。
005

無事ナックルAssyを取り外すと

何やら金属片がバラバラと落ちてきます。

裏返して見てみると、

見事にハブベアリングが砕け散っておりました。。

後は、プレスでハブ、ハブベアリングを抜き取り、
006

新しい部品をプレスで圧入したら組み付け作業です。

しかし、走行中にロックされたそうなんですが、

事故に至らず、本当によかった。。。

あわや大惨事の可能性もあったわけですから。

体がご無事で何よりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)