2011年6月 6日 (月)

【ローバーミニ シートの座面が・・・】

こんばんは、一九です。


今日もローバーミニの不具合事例。

今回は、ある日突然ローバーミニのシート座面が、

いつもより沈み込むようになるという不具合。
Imgp3851

当然目線も低くなるし、

体の安定性も無くなるわけで、

なかなか厄介な不具合。

原因は、シート座面の張りを持たせている部分に、

ゴムシートとメッシュが使われているのですが、

そのゴムシートが経年劣化で切れてしまうというもの。

今回はそのゴムシート部分を

違う素材で作成修理。

これで安心です!

シート下のゴムシートの劣化具合も要チェックです。

大丈夫かな?と思われる方、

チェックだけならすぐに出来ますので、

お近くにお越しの際はぜひお申し付けください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

【ローバーミニのスピードメーターが動かない】

こんばんは、一九です。


登場から半世紀以上存在し続ける車種って、

数えるほどしかありませんが、

そんな数少ない長寿な車種、『ローバーミニ』。
Imgp3852

すでに生産は終わっておりますが、

いまだにおしゃれで人気のモデル。

そんなローバーミニの不具合事例です。

スピードメーターが動かなくなったという不具合。

早速入庫していただきチェックすると、

ミッションケース側で
Imgp3853

スピードメーターワイヤーが破断。

しかも切れた破片がまだ中に残っててとりにくい。。。

それを針の様な工具で何とか摘出して、

新しいスピードメーターワイヤーと交換です!

このローバーミニのスピードメーターワイヤーですが、

年式やタイプによって、
Imgp3854

一九が知ってる限りでも4種類は存在します。

現物を確認しないといけない部品です。

スピードメーターが動かないからといって、

必ずワイヤー切れとも限りませんので、

おかしいと思ったら、まずはお近くのサンクへご相談ください!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月31日 (土)

【ローバーミニ エンジン不調】の巻

こんばんは、一九です。


今日もローバーミニのネタです。

今日は、エンジン不調を訴えるインジェクションミニの話。

お客様から聞いた症状は、

エンスト・マフラーから黒煙。

で実際に自分でも試運転してみると、
Imgp3116

確かにエンスト・黒煙を確認。

それと、アイドリングも少し乱調気味だし、

加速不良もたまにあります。

こういう場合、一番先に点検するところは、

バキュームホースのコネクター。

ゴムで出来ており、

経年劣化で硬化して割れてしまうんです。

今回もスロットルボディ後ろの1つが割れておりました。

新しいコネクターに交換して、状況を確認。

オッケィ♪調子良くなった♪

他の場所のコネクターも確認してみると、

亀裂を確認したため、全て交換!

これで安心です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

【ローバーミニ エンジンマウント交換】の巻

こんばんは、一九です。


今日はローバーミニのエンジンマウント交換です。

発進時とか、シフトチェンジの際に

『ゴトッ!』って音がします。
Photo_2

酷くなると、エンジンが室内との隔壁と衝突して、

他の部分にダメージを与える場合も。。。

エンジンを手で前後にゆすってみると、

結構大きな振れ幅で動きます。

早速部品を手配して交換作業です。

左右のタイヤ裏にある、

フレームにマウントを固定しているナットを外します。

エンジンにジャッキを当てて少し持ち上げると、

隙間が広がり作業がしやすいです。

取り外したマウントを観てみると、

右のマウントが砕けておりました。。。

左もヘタっていたので同時に交換!

これで安心♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

【ローバー ミニ】の巻

こんばんは、一九です。


一時期、ローバーミニのエンジンミッションを脱着しての作業が

よくあったのですが、

考えてみると、ここ最近、エンジンミッションの脱着作業をしておりません。。。

脱着作業自体は基本的に通過点なのですが、

エンジン脱着を伴う作業と言えば、

エンジンオーバーホールとか、

ミッションオーバーホールとか、

大仕事なわけです。

大変ですけど、好きな作業でもあります。

こういった作業を要するトラブルは無いに越したことはありませんが、

もし、こういったトラブルを抱えてしまったら、

サンク福岡へご相談ください!
124


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

【ローバーミニ 不具合事例 クーラーの風量調節がおかしい】の巻

こんばんは、一九です。


以前、サンク福岡の店頭に多数並べてあったローバーミニ。

そのころからちょっとずつミニについて勉強してきたのですが、

最近は、結構詳しくなってきた感があります♪

なので、これからは、チョコチョコ小出しに

ローバーミニの不具合事例なんかを紹介しようと思います。

今回は、クーラーの風量調節がおかしいという事で、多かった事例をご紹介。

症状としては、クーラーの風量調節ロータリースイッチを回していくと、

一定の場所で風が出なくなるという不具合。

こういった症状の場合、一番多いのは、ブロアファンレジスターという部品。

レジスターとは抵抗器の事で、スイッチからの入力をレジスターで抵抗値を変えて、

ファンモーターのスピードを調節する部品です。

この部品が腐食などで抵抗値が変わってしまったり、

ショートや、断線してしまったりすると事で、

ファンモーターが指示通りの動きをしてくれなくなってしまいます。

取付場所は、助手席足元です。
Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

【ジャッキアップポイント】の巻

こんばんは、一九です。
004


国産車をリフトで持ち上げる際、

リフトの足を掛けるところは、

ボディ下のミミになっている部分で、

少し太くなってたりします。

一九が知っている中では国産車は、ほぼこれ。
005

輸入車の場合、全車種ではありませんが、

画像のようなパットが付いている事があります。

もちろん、ここにリフトを掛けて持ち上げます。

ローバーミニのフロントには、

パットこそついては居ませんが、
006

それらしい台があるんです。

しかぁし、大きな間違いです。

ココにジャッキなどを当てて持ち上げると、

フロアーが変形してしまいます!

正しくは、ここにジャッキをかけましょう!

結構、変形している車を見かけます。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

【ミニ ドアウィンドウ上下時ガタン!】の巻

こんばんは、一九です。


今日は、ローバーミニの不具合事例。

ドアウィンドウを上げ下げする際に、

一定の場所で引っかかると同時に『ガタっ』と音がするんです。

さっそくドアトリムを取り外し、点検です。
463

覗きこむには少し狭い穴なので、

鏡を使って点検。(画像も鏡越しです。)

引っかかる位置に来た時、

ドア側の出っ張りに引っかかりました。

窓が乗ってるレールが変形して、

小さな引っかかりが出来、

それが回数を重ねるうちに、

ひどくなってしまったようです。

プライヤーで形を整えて、作業終了♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

【ミニのヘッドライト球切れ】の巻

こんばんは、一九です。

454

先日、Y様から電話があり、

『愛車のローバーミニのヘッドライトの電球が切れた!在庫ある?』

とのお問い合わせ。

Y様のお車は、シールドビームなので在庫なし。。。

シールドビームとは、ヘッドライト本体に

バルブが組み込まれているヘッドライトです。
455

さっそく部品を注文させていただく事になったのですが、

せっかくなので、今後の事も考え、

H4ハロゲンバルブ(簡単に手に入る。)が使えるヘッドライトユニットを注文!

今回はノーマルバルブを使いましたが、

今後、明るいヘッドライトバルブに交換する事も出来るし、

HIDへのコンバージョンも可能ですしね♪
456

見た目もイイ感じ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

【ローバーミニ ハブの社外品】の巻

こんばんは、一九です。


先日のブログで書いていた、

ローバーミニのハブ周りの部品、

純正よりも良いものを使う事で、

安心して乗って頂けますし、

トラブルも未然に防げるケースがあると思います。

まずはこちらの画像。
445_2


右が純正品で、左が今回使う、社外品です。

見た目も違うと思います。

上段のナットは、切り込みが多いタイプで、適正なトルクでのロックが出来ろようになっています。

純正の場合、規定トルクで締め付けた後、

次の切り込みまでさらに締め付ける必要があり、適正トルクとは言い切れません。

次に、下のワッシャーですが、こちらも切り欠き無しのタイプ。

純正だと、ワッシャー自体がやせてきて、内側み食い込み、

本来、当たり面になるはずの場所へ当たりが弱くなってしまいます。

これもガタの要因です。

しかも、素材の見直しもされており、

純正品よりも耐久性が向上!

純正品より、少し金額は高いですが、絶対にこちらがお勧めです!
446


449


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

【ミニ エンジン掛からず】の巻

こんばんは、一九です。


タスカンのバッテリー上がりの件は、また後日♪

今日は、エンジン始動不能になってしまった
211

『ローバーミニ』のお話。

早速症状確認!

スターターは動くのに、

エンジン掛かりません。

燃料給油口を開けて、耳を当てて、

フューエルポンプの作動を確認。

作動しておりません。。。

フューエルポンプに直接電気を流して、
212

単体テストは良好!

ポンプまで電源が来ておりません。

大元のメインヒューズも問題なし。

配線図片手に配線を追っていくと、

配線途中にもう一個ヒューズ発見!

点検すると、ここで接触不良を起こしておりました。

新しいヒューズホルダーに交換して作業終了!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

【ローバーミニ 前窓下の吹き出し口から煙】の巻

こんばんは、一九です。


先ほどロータスデイ参加メンバーが帰って来ました。

ロータスデイの模様は後日♪

さて、今日は、

『ローバーミニ 前窓下の吹き出し口から煙が出た!』
035

という症状。。

早速試運転をすると、走り出してすぐに症状確認!

煙と一緒に何やら臭いが。。。

このかほりは、、、、冷却水!!

早速、原因を探します。

怪しいのは、ヒーターコア。

このヒーターコアというのは、
038

中にエンジン冷却水が通っていて、

ヒーターになる風を温めるものです。

ミニの場合、シフトの前にブロアファンと一緒に取り付けられています。

確認の為、ケースの継ぎ目のクリップを外し、

軽く開く方に力を掛けると、

緑色の液体が。。。

ヒーターコアで間違いないようです。
039

どの道、外さないといけないので、

ばらしに掛かります。

まず、ラジエターから冷却水を抜きます。

グリルを外すと、ラジエターの側面下の方に、

水温センサーが付いていますので、そこから冷却水を抜きます。

ヒーターコア、ブロアファン、コントロールパネルは、

一つのケースに一緒になっております。
040

手前側にプラスのネジが二つ、

奥側に10㎜のナットが二つ。

コントロールパネルにつながっている配線を外して、

ヒーターホースを2本外したら、

ごっそりと外れてきます。

上で外したケース側面(ヒーターホース取付側)の

プラスのネジを外し、蓋を外すと、

ヒーターコアを抜きだすことが出来ます。

取りだしたヒーターコアを観察すると、

コアと、タンクの継目に漏れた痕がありました。

これでヒーターコアで確定!!

今日はここまで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

【ローバーミニ クーラー効かず】の巻

こんばんは、一九です。


この時期、無くてはならない車の機能。

それはエアコン!

コルチナさんには付いていませんが何か?

コルチナさんはさておき、

今時の車ならエアコンが無い車なんてまずありません。
025

ローバーミニには、エアコンはありませんが、クーラーという

立派な快適装備が付いております。

今日は、そのクーラーが効かないといった症状。

まず、確認したのは、

コンプレッサーが入っているか?→入っておりません。

冷媒ガスは入っているか?→入っている。

コンプレッサーへ電源供給されているか?→電源きてない。
027

プレッシャセンサーを直結でコンプレッサー廻るか?→廻らない。

温度・風量スイッチは適切に働いているか?→風量スイッチに一部不具合がある!

この不具合というのは、ロータリースイッチを回していると、

一部で風が止まるというもの。

この症状、以前経験あり!!

早速前回の不具合箇所を確認。

助手席足もとの、ブロアファンレジスター。
028

錆びております。。。

実は、この部品、コンプレッサーのオンオフに関係しております。

早速部品を入手して交換!

スイッチオン!!

凉すぃ~♪

ローバーミニではたまにある不具合のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

【ミニの色々】の巻

こんばんは、一九です。

010

先日、ローバーミニの納車前整備している時、

ハブベアリングのガタの点検をしていると、

右リアの足廻りより異音が。。。

どこから音がしているのか、

色々探ってみると、

トレーリングアームの付け根から。
011_2

ココは、外からグリスを入れる事が出来るので、

試しにグリスアップしてみる事に。
  (基本的に納車前整備の時には全車グリスアップします。)

見事、音が止まりました。

長いことグリスアップされずにグリスが切れてしまっていたのでしょう。

不具合になる前でよかった。。

とまぁ、そこそこミニの作業をこなしてくると、
013

色々と見えてくることもあります。

しかし、これは初めてみました!

それは、、、

ホイルの取り付け穴の位置が違うというもの。

なんか違和感を感じて改めて観察した時に気付きました。

こんなことってあるんですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

【ローバーミニ ハブベアリング交換】の巻

こんばんは、一九です。
002


今日の作業は、

『ローバーミニ ハブベアリング交換』です。

足廻りから異音がするという申し出で来店され、

確認すると左ハブにガタが出ておりました。
003_2

このままでは危険なので、お預かり決定。。。

早速部品を手配して、いざ作業!

まずは不具合部品が取り付けられている、

左フロントナックルを外します。
004_3

シールの高さをメモして、

シール、ベアリングをとりだし、

綺麗に清掃。

新しいベアリングをグリスアップしたら、
005_4

ベアリング、シールを組み付けます。

ナックル側が出来上がれば、

組み付けて作業終了!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

【ローバーミニ エンジン掛からず】の巻

こんばんは、一九です。

P5200409

今日はローバーミニエンジン掛からずの作業です。

まず点火系・・・火飛んでます!

次に燃料・・・来てません。。

燃料ポンプのコネクタ車両側まで電圧は来てます。

そこで、燃料ポンプに直接電流をながして、
単体で作動確認してみます。
P5200410

動きません。

燃料ポンプの不具合で確定!

早速燃料タンクを取り外し、

燃料ポンプを交換。

ミニの燃料タンクは、トランク右側にあり、
固定しているバンドのボルトと3本のホース類を
外すと抱えて取り出せます。
002

燃料ポンプは、タンク上部に取り付けてあるので、
タンクを外すと簡単に取り外すことが出来ます。

ポンプとガスケットを交換したら作業終了。

全て元通りにして、エンジン一発始動♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月16日 (木)

【ローバーミニ エンジン不調】の巻

こんばんは、一九です。


コロコロと変わる気温に

体がついていけない一九です。

くしゃみが止まりません。。。

それはさておき。

今日は『ローバーミニ エンジン不調』です。

エンジンは掛かるものの、

一発死んでいるような感じ。
341

一本づつプラグコードを抜いてみて、

状況の変化を確認。

どうやら2番シリンダで不具合が発生しているようです。

プラグを確認。。

火も飛んでます。。

プラグコードを確認。。。!!

結構深い傷があります。

プラグからプラグコードを抜き、
342

傷の在るところを見ながらクランキングすると、

スパークしております!

どうやら、エンジンルームのエッジで

傷ついた様で、そこから電流がリークして、

正常なプラグでのスパークが得られなかったというのが

今回の原因でした。

早速プラグコード(1台分)交換、

プラス、プラグも一緒に交換。

もちろんプラグコードの取り廻しも変えて対策。

これで安心♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

【ローバーミニ A/T】の巻

こんばんは、一九です。

012

先日お送りした、ローバーミニ M/Tオーバーホール。

A/Tのオーバーホールも承ります!!

A/Tのローバーミニに御乗りの方、

ミッション滑りの症状など出ていませんか?

PレンジからDレンジにした時、
013

動きだしのタイムラグが前より長くなって来た

なんてのも、A/T内のオイルシール不良が原因なんです。

A/TもM/T同様ミッションオイルはエンジンオイルと共用しています。

何度も申しますが、

ミニはオイル管理がキモなんです。
014

定期的なオイル交換。

気温にあったオイル選択。

走行前の暖気運転。

これらをきちんとやって頂ければ、

永く楽しんで頂ける車です。

しかし、もし不具合が出てしまっても、

サンク福岡にお任せ下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

【ローバーミニ M/Tオーバーホール~M/T内部編~】の巻

こんばんは、一九です。


あちらこちら
それからコチラで告知した特別キャンペーンも
015

開催中ですよ♪

皆さん見て頂いているようで、

すでに何件かお問い合わせ頂いております♪

今一度ご確認ください!

さて、やや引っ張り過ぎた感は御座いますが、
016

ミニのM/Tオーバーホールの続き行ってみよう!

前回までのあらすじ

無事、ミッションとエンジンの離脱に成功し、

ミッションの中身が丸見えになりました。

早速仮説を立てていたトラブルシュートの
020
検証作業です!!

ミッションケースから、ギヤ達を取り出し、

更にバラバラに。

あらかじめ検討をつけていた、

2速シンクロリングを点検。
021

ビンゴ♪

シンクロリングの内側摩耗により、

正常なら押さえつけられた際に

ロックしてシンクロリングの突起により同調を取るはずが、

ロックしきれずに変速を行おうとするので、
022

ギア鳴きを起こしておりました。

不具合部品と、

新品部品のギアとのクリアランス(隙間)を

見て頂くと一目瞭然!!

摩耗していたシンクロリングは、
023

奥まで当たってもロックしきれず、

逆に新品は奥まで行く前にロックしております。

今回の原因はここ!

ついでにほかのシンクロリングも点検。
027

4速のシンクロリングも若干怪しかったので交換。

さぁ、こっからは組み付けです!

オイルシール類や、ガスケットは

もちろん交換。

ついでに消耗品である、
031
クラッチも交換♪

組み上がったE/G・M/Tを

車に乗せて水、油脂類を入れたら試運転!

バッチリ、ギア鳴き解消♪


033

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月21日 (土)

【ローバーミニ M/Tオーバーホール~本体分解編~】の巻

こんばんは、一九です。


昨日よりお送りしているミニのM/Tオーバーホール。
005

前回のあらすじはこちら

早速続きです!

エンジンを降ろすと、

次は、E/GとM/Tの分離に掛かります。

クラッチハウジングを取り外し、

クラッチを特殊工具を使って外します。
008

テーパー面に圧入されているのですが、

これが中々堅かった。。。

やっとの事で取り外して、

フライホイルハウジングを外すと、

動力伝達部分が現れます。
011

ギヤ等を順番や、向きが変わらないように

外して保管します。

ここまで来ると、

E/GとM/Tを固定しているボルトを外せば、

分離する事ができます。
013

これでやっとM/Tの中身が見えました。

トラブルシュートです。

そもそもなぜオーバーホールする事になったかと申しますと、

3速から2速にシフトダウン時に、

ギヤ鳴きを起こしておりました。
014

おそらくシンクロ(ギアどうしを同調させるギア)

に不具合を抱えているという判断です。

さぁ、明日はついに核心に迫ります!!

こうご期待♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

【BMW ミニ 不具合事例】の巻

こんばんは、一九です。


今日は、ミニはミニでも、BMWの方です。
299

先日あった不具合で、

『ドアミラーを格納時に、閉じ切ったところで

ガタガタ音をたてて動きが止まらない』

というものがありました。

原因は、格納用のモーター内部の破損。

そこで部品を注文する事に。

すると、取引先の方から、
300

『最近その症状で交換多いんですよ。』

とのこと。

BMWミニの初期モデルも

プラスティックの材質劣化の時期が

来出したようです。

ご注意を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

【予告 ミニ納車整備】の巻

こんばんは、一九です。


先日から作業している、
Detail_front

ローバーミニの納車整備。

実は、大がかりな作業を実施中♪

後日内容をご紹介させていただく予定です!

いましばらくお待ちください!!

O様、おまたせしております、

納車までもうすぐです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

【ミニ エンジンから水漏れ】の巻

こんばんは、一九です。
Dscf1566


先日の話。

ご来店頂いたH様のミニ。

ふと、足元を見ると、

駐車場に水が流れております。

雨も降ってないのに。。。
Dscf1565

明らかにH様のミニからのもの。

ボンネットを開けて、

水が出ているところを確認すると、

エンジンのめくら蓋からピュー!

そのままお預かりとなりました。
Dscf1567

早速部品を手配して、交換。

見た目に解るほどの大穴があいておりました。。

大事に至る前で本当によかった

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月28日 (水)

【ミニ よくあるオイル漏れ箇所①】の巻

こんばんは、一九です。


今日は、意外に暖かい一日でした。

予期せぬ小春日和だった為、
P5100311_2

厚着をし過ぎて汗かきました。

それはさておき。

最近よくある、ミニのオイル漏れ箇所の話。

今回は、マニュアル車に絞ってお話します。

その箇所とは、シフトシャフトのシール部分です。

リフトアップするとすぐに見る事の出来る場所です。

近々、交換作業をブログにしますので、

少々お待ち下さい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

【ミニ ミッションO/H】の巻

こんばんは、一九です。


サンク福岡は、ロータスディーラーではありますが、

いろんな車種を取り扱っております。

その中でも、最近好調なのが、

『ローバー ミニ』

クラシカルで、かわいくて、

オシャレで、一九も好きな車です。
012

このミニという車、

ご存知の方も多いと思いますが、

エンジンとミッションが二階建て構造をしております。

オイルもエンジン、ミッション一緒になっています。

つまり、マニュアルミッションも、
013

オートマミッションも、

エンジンオイルで潤滑、駆動されているんです。

なので、ローバーミニはオイル管理がキモなんです。

マニュアルにせよ、オートマにせよ、

このオイル交換をないがしろにしていると、
014

後々痛い出費が必要になって来ます。

マニュアルだと、シンクロが摩耗して、ギア鳴きしたり、

オートマなら、ミッションの滑りなど。

日頃のメンテナンス次第で、

永く乗って頂ける車なんです。

が、もし、そのような症状が現れた場合でも、

サンク福岡サービスにお任せ下さい!

ミッションオーバーホールという、

スペシャルメニューが御座います。

いつでもご相談ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

【ミニ エンジンルームからゴトン!】の巻

こんばんは、一九です。


今月のダブルキャンペーン

残り2日!!

お急ぎください♪
264


先日、ワイパーゴム交換でご来店のローバーミニ。

お客様駐車場から、ピット裏へ移動している時、

エンジンルームから『ゴトッ ゴトン!』

かなり激しい音が聞こえてきました。

取り敢えずワイパーゴムを交換して、
268

ボンネットを開けて、

音の原因を探します。

予想は、ステディーロッドあたり。

予想通り、ステディーロッドのブッシュが砕けておりました。

お客様に報告すると、

以前から気になっていたようです。
269

早速部品を注文して、後日交換。

交換は、エアクリボックスを取り外し、

ステディーロッドを取り外して、

ブッシュの打ち替えで終了!


少しでも気になることが御座いましたら、

いつでもお気軽にご相談ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

【ミニ フェンダーミラー交換】の巻

こんばんは、一九です。


さて、今日はローバーミニのドアミラーを、
246

フェンダーミラーに交換です。

元々ドアミラーの車なので、取り付けには、

フェンダーに穴を空けなければなりません。

失敗は許されないミッション!

まずは、正確に左右対称になるように、
247

左右の同じ場所から糸と錘を使って、

基準のラインを引きます。

基準のラインが引けたら、

取付予定の場所をマスキング。

今回は、お客様と相談の結果、
248

ミニの雑誌に同じミラー装着車が載っていたので

その写真を参考に位置決め。

位置が決まれば次はドリルで穴を空けます。

フェンダーの曲線部分なので、

ずれない様に慎重に。。
250

ここまでくれば後は取り付けるのみ!

一度仮付けをして、

ミラーの角度や後方視界を確認、調整。

丁度いい所で固定。

最後にドアミラーを外して作業完了!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月31日 (金)

【ミニ マフラー交換】の巻

こんばんは、一九です。

140

今日の作業は

『ローバー ミニ』マフラー交換で御座います。

と言うのもマフラーが折れちゃいました。。

かなり笑えません。。

リアのタイコ部分を引きずりながらのご入庫。。
139

完全に折れてしまって再使用不可能です。

どうせ替えるんだったら、社外品にという事で

今回交換させて頂いたマフラーは、

『VALTAIN マフラー』

あのHKSさんと共同開発されたマフラーです。
137

折れたリアマフラーの残骸を取り外し、

新しいガスケットと釣りゴムをセットして、

NEWマフラー装着。

後は排気漏れが無いか確認したら、

作業完了!
141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

【納車】の巻

こんばんは、一九です。
115


今日修理でお預かりしていた

ミニをY様に納車させて頂きました。

このY様、自転車がご趣味だそうで、

今日も博多駅付近から
116

サンク福岡まで自転車でご来店でした。

四輪の愛車に、二輪の愛車を載っけて、

お帰りになりました。

ミニに自転車乗せると目立ちます♪

しかも、二輪の愛車は『ルイガノ』!

素敵なカーライフです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

【ミニ ハイローキット取付(フロント編)】の巻

こんばんは、一九です。

110

先日お届けした

ミニ ハイローキット取付(リア編)』の続編で御座います。

早速行ってみよう!

まず、タイヤを外して、

作業スペースを広げます。
112

ミニはフロントにもバネの代わりに

ラバーコーン(ゴム玉)が付いております。

今回もラバーコーンはそのまま使用。

フロントの作業は、

このラバーコーンを特殊工具を使って縮めます。
113

それだけでは今回交換する部品を

取り外すことが出来ないので、

アッパーアームを画像のようにズラして、

部品を取り外します。

この作業が結構面倒。
114

手の入りにくい所に

ボルトがあるので取り外しはいいけれど、

取り付け時、このボルトが入らなくて

かなりイライラしてしまいます。

後は逆の順序で組み付けて、

車高の調整をしたら作業完了!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

【ミニ ハイローキット取り付け(リア編)】の巻

こんばんは、一九です。
107


最近、ホントいい天気。

仕事もはかどります。

今日の作業は、

『ROVER Mini』ハイローキット取付です。
105

このパーツを取り付けると、

車高調整が思いのまま♪

今回は、純正のゴム玉(普通の車のバネにあたる部分)

はそのままでの取り付けです。
106

まず、ショックショックアブソーバを取り外します。

アッパー側の取り付けナットは、

右側はトランクを開けると見えてるのですが、

左は燃料タンクを外さなければなりません。
108

後は、純正部品と今回取り付ける

『ハイローキット』を取り替えて、

いい感じの車高に調整して終了です。

今回、ゴム玉はそのままだったのですが、
109_2

これをバネにすると、乗り心地も良くなって、

なお、グッドです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

【MINI 納車前整備&マフラー交換】の巻

こんばんは、一九です。


先日ご契約頂きましたMINI。
101

こちら、同時にマフラーの御注文も頂きました!

ありがとうございます。

んで、早速納車前整備に取り掛かります。

整備が終わると、用品取り付けです!

今回触媒は純正のまま。
103

触媒前のダウンパイプと、

触媒後のサイレンサー取付。

まずは、錆びているボルトナットに

緩みやすくするため、潤滑剤を吹きつけます。

少し時間をおいていざ取り外し。

ダウンパイプはボルトオンだったので、
104

サクッと交換!

サイレンサーは、取り付けのマウントを

ボディーに固定する為の穴あけが必要でした。

穴あけが済んだら、こちらもサクッと交換。

見た目もなかなかイケてます。

エンジン掛けると、

音もいい感じだし、

何より吹け上がりが軽くなりました。

ロータスに限らず、

ミニや他車種も各種用品取り寄せ可能ですので、

気になるパーツがあるというお客様、

もしくは、こんなパーツ無い?というお客様

いつでもご相談ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

【ローバーミニ ポールスミス 展示前整備】の巻

こんばんは、一九です。


昨日のイケメン(人違い)ブログでもご紹介されている、

『ローバーミニ ポールスミス』

こちら、一九が欲しい車のリストにも入っているお車。
099

色もいい感じで綺麗だし、

ほんとオシャレな車です。

今日は、そんな仕入れてきた車を、

お客様にお披露目する前に

より良い状態にするため、

先日注文しておいた部品の交換作業です。
100

前後のウィンドウスクリーン廻りのメッキモール。

この部品、経年劣化と共に固くなって行き、

メッキの部分に錆が出てしまいます。

これを替えてあげるだけで、

ガラリと雰囲気が良くなる部分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)