LOTUS TVR
会社概要 お問い合わせ サイトマップ



« ウィニングイレブン マイチーム | トップページ | タスカン日記 No,2 »

2005.03.30

タスカン日記 NO,1

tuc01

本日からタスカン日記をスタート!
これから約1週間程の間愛車として生活を共にするタスカン。自分も久々のタスカンだから楽しみだけど、タスカンも早く爆走したい!って我慢できないようで、店の正面でドアを開けて待ってくれてます(写真参照)。

とりあえず1日目の今日は洗車をしました。
タスカンはメーカーの指示により高圧洗車はダメなんです。もちろん機械式洗車もダメなので、愛情たっぷりの手洗い洗車。タスカンはFRPボディーなので、ボディーはとてもデリケートです。から拭きなんてしたら傷ついてしまうので注意が必要です(他車のFRPボディーも同じです)。まずは全体的に水をかけながら大きめのホコリ等を落とし、その後水を流しながらセーム(個人的におすすめなのはカネボウのプラスセーム)で汚れを落とします。この際ゴシゴシやらずにやさしく。そんでもって全体が綺麗になったら水分を拭き取り完了!
洗車ってボディーの状況等を把握するのには一番適していますので、洗車しながら色々な場所を点検しながらやってみましょう!まず、タスカンの場合は、

1,フロントガラス下のウェザーストリップの点検
=貼り付けている接着剤が本国イギリスの気候に合わせていますので、日本では湿気や気温の差で剥がれる場合があります。イタリアの靴とかでも買ったばかりなのにソールが剥がれやすくなったりしていますよね。それと同じです。
2,デタッチャブルルーフ両脇のウェザーストリップの点検
=はめ込み式のためルーフの取り付け&取り外しの際にずれていることがあります。
3,リアトランクを開けたウェザーストリップ周りの水たまり
=トランクを開けるとボディーとの間に水たまりができますので、きちんと拭き取りましょう!
4,フロントウィンカーの取り付け確認
=タスカンの初期モデルは、FRPボディーとの相性でフロントウィンカーレンズの爪がボディーと合わずに、折れてしまったりずれている場合があります。

最低限↑の部分は確認して、その他にはタイヤの空気が入っているか?取り外し可能のアクリル製のリアウィンドの固定部分はキチっと固定されているか?等をチェックしてみて下さい。

タスカンは独特なボディーラインなので洗車後の綺麗なボディーはとても魅力的です。
特にカメレオンペイントやカスケードペイント等は光によって色が変わるので洗車後のピカピカ状態の時はかなりド派手です。

さてと、今日はサッカー日本代表戦。
「絶対に負けられない戦いがそこにある!」ってことで、爆走して帰宅しよっと!

P.S 急いでいても暖機運転は忘れずに。。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: タスカン日記 NO,1:

コメント

コメントを書く